潮風で育った山の恵み
豊富な栄養で育った海の幸
Scroll

「美味しい」の宝庫“獅子島”

獅子島が浮かぶ長島海峡は急潮で知られ、
その沖合には黒潮と対馬海流が分かれる分岐点があります。
急潮に揉まれて育った魚たちは、どれも身が引き締まっていて絶品の味わいを魅せてくれます。

さらに獅子島近海には、対馬海流から流れ込んだたくさんのプランクトンにあふれています。

栄養豊富な海で育った魚は、脂も乗りすぎておらず、臭みも少ないため、魚本来の味わいを楽しめます。
是非お試しください。

こだわり


「島のごちそう」は、鹿児島県最北端の離島「獅子島」を拠点に島に関わる様々なサービス提供しております。
そのルーツは、代表の家業であり、大正8年から百年続く漁師業で
獅子島全体を盛り上げるべく日々奮闘しております。


栄養豊富な海で育った海の幸

一本釣り漁

通常の鰺漁は、定置網漁法や巻き網漁法で
漁獲されますが、島のごちそうでは
獅子島の漁師によって一本釣りで漁獲しております。

一本釣りをすることで、傷がなく、非常にきれいな状態で大鰺をお届けすることが可能です。

また獅子島を囲む八代海では、多くのブランド鯵が育つ海域のためサイズや色はもちろん、味もご満足いただけるはずです。

こだわりのアオサ漁

通常のあおさのり栽培は河口付近で行われるのに対し、
島のごちそうでは潮の流れのはやい海岸沿いで作っています。

波がある分網に定着しにくく、病気も起こりやすいですが、

きれいで栄養分の豊富な海水に触れて
他県とは違うあおさのりが育ちます。

そのため、葉一枚一枚の食感が強く、色の濃い、磯の香りが強いものになります。
また島のごちそうでは栄養剤を一切使わっておらず、手作業で腐った部分だけ取り除き、高圧洗浄をしています。

満潮干潮に合わせて杭の高さを変えることで、水に浸っている時間や太陽にあたる時間を調整しております。

獅子島の山の幸

お知らせ

この投稿をInstagramで見る

池袋で開催されたアイランダー2019、無事終了しました! ご来店頂いた皆さん、ありがとうございました。 獅子島全体としても昨年の売上高を3倍以上伸ばす結果となった上、島のごちそうとしては、関東・関西の百貨店様や社販品として大手企業の方々と商談に進む機会を得ることができ、収穫多いイベントとなりました。 そんな中、私が上海留学中からお世話になっているバレーボールの先輩(藍さんは高校日本一でしたっけ⁈) @fanfan_closet がご家族でご来店してくださいました。 現在、モデル兼セレクトショップのオーナーとして活躍されていらっしゃり、ご自身のインスタでも「百年漁師 ご飯のお供シリーズ」をご紹介してくださいました。 また、来店後に稲本潤一さん&田中美保さん夫妻とお食事するということでお二人へのお土産としてご購入頂きました。 そして、田中美保さん(@miho12tanaka )のインスタでも 「百年漁師 ご飯のお供シリーズ」をご紹介してくださいました。 自分たちが作った商品が有名な方の食卓にも並んでいると思うと、素直にうれしいです! ありがとうございます! 今後も多くの皆様の食卓に 「百年漁師 ご飯のお供シリーズ」を並べて頂けるよう頑張りたいと思います! #獅子島#長島#鹿児島#百年漁師#ご飯のお供#島のごちそう#イベント#池袋#アイランダー2019#獅子山下#水産加工品#鯛みそ#ひじき#あおさのり#海の幸#白ご飯に合う#お酒に合う#

【公式】島のごちそう(@shimanogochiso)がシェアした投稿 –